ゲーミングPC激安

【ゲーミングPC激安】おすすめのコスパ最強ゲームパソコン

MENU

一番安いゲームパソコンを見つけました

ゲーミングPCで価格比較をすることは大切です。例えばあなたがGeForce GTX960搭載ゲームパソコンを探しているとしましょう。しかしBTOパソコンによって価格は異なります。知らずに高いものを買うのは損でしかありません。

 

そこで私はグラフィックボード別に最安値の激安ゲーミングPCを探してみました。コスパ最強のゲームパソコンはどれなのかをご紹介するので、必ずあなたにぴったりのデスクトップやノートが見つかりますよ。

 

グラフィックボード別激安ゲームパソコン

【10万円】GTX1060搭載ゲーミングPC 「NEXTGEAR-MICRO im570SA7」
GeForce GTX1060
Core i5-6400
メモリ 8GB

 

GeForce GTX1060は人気No.1のグラフィックボードです。最近どんどん値下がりしていることもあり、コスパが良くなってきています。FF14のようなMMORPGをプレイしている方におすすめします。

 

最安のGTX1060搭載ゲームパソコンはG-TuneのNEXTGEAR-MICRO im570SA6です。9万円台ですからまさに激安です。BTOメーカーによっては14万円以上です。安さを重視するならG-Tuneが最適です。

 

 

 

【15万円】GTX1070搭載ゲーミングPC 「Lev-R017-i7-TNR」
GeForce GTX1070
Core i7-6700
メモリ 8GB

 

GTX960よりも高性能でコスパも良いのがGeForce GTX1070です。GTX960よりも2.3倍も高性能です。だからFPSをプレイしている人におすすめです。基本無料系FPSなら常時200フレームレート以上維持できます。

 

GTX1070搭載ゲームパソコンはパソコン工房のレベルインフィニティが最安値です。他のメーカーが16万円以上なのにパソコン工房のLev-R017-i5-TMは14万円台です。他のパーツもほとんど一緒なのにここまで価格に差があります。

 

 

 

【20万円】GTX1080搭載ゲーミングPC 「ガレリア MG」
GeForce GTX1080
Core i7-6700
メモリ 8GB

 

ハイスペックなゲームパソコンとして人気があるのがGTX1080です。GTX1070と比較すると50%くらい高性能です。コスパに関しては確実に最強です。最新グラフィックボードながら世界中で人気のなっているのも頷けます。

 

やはり最新ゲーミングPCやハイスペックPCはドスパラが安いようで、GTX1080に関してもこのパーツ構成(ストレージ込み)だとガレリア MGが最安値です。ドスパラはG-Tuneよりもカスタマイズの自由度が高いメリットもありますね。

 

 

 

もっと安いゲームパソコンはないのか!?

上記の情報は定期的に更新しています。でもBTOメーカーは毎日のように価格を変更しています。だからもしかしたらもっと格安なゲーミングPCがあるかもしれません。その辺りはご自分で比較してみてください。

 

ただ、ひとつだけ言えるのは「セールはもっと低価格」ということです。実は今だけドスパラの期間限定セールが実施中です。上でご紹介したゲームパソコンがさらに安くなっているかもしれません。安さを追求するなら絶対にチェックしてください。

 

 

 

ゲーミングPCの選び方

なんとなく価格でゲームパソコンを選んでいませんか?価格は大切です。でもBTOで買うパソコンは「どのパーツを優先するか」を自由に決められます。だから予算15万円だったとしても、人によってまったくの別物になるのです。

 

ゲーミングPCならグラフィックボードを最優先

パソコンの性能を決定づけるのはCPUとメモリだと思っている人がいます。確かに間違いではありません。どちらも重要です。しかしゲームパソコンならグラフィックボードを高性能にすることを意識してください。

 

1万円分の予算があまっていたとして、CPUと高性能にするのか、それともグラフィックボードを高性能にするのか悩んでいるなら、絶対にグラフィックボードにしてください。

 

オンラインゲームではCPUをアップグレードしても3%程度しかベンチマークスコアが向上しません。ほとんど体感できません。でもグラフィックボードなら30%も性能がアップします。だからCPUもハイエンドにするのはお金の無駄です。

 

つまりゲーミングPCでは予算のほとんどをグラフィックボードに費やすのが正解です。予算10万円ならGTX960、15万円ならGTX1070、20万円ならGTX1080と覚えておきましょう。

 

ゲームパソコンのCPUとメモリは「そこそこ」でOK

CPUは初期搭載のものでOKです。超高性能なCPUにしても意味がありません。今ならCore i7-6700かCore i7-6700Kがおすすめです。特にCore i7-4790Kは非常に優秀なCPUです。

 

10万円以上もする最新ハイスペックCPUよりもCore i7-6700Kのほうがベンチマークスコアが高い結果が出ました。コスパの良さがよくわかりますね。ただ、格安ゲーミングPCならCore i5で充分です。

 

メモリは8GBか16GBかの二択です。32GB搭載するなんて無駄です。ゲームパソコンのパフォーマンスを見ればわかります。オンラインゲームをプレイしていても、メモリはほとんど消費していません。ミドルスペックなら8GB、ハイスペックなら16GBをおすすめします。

 

ゲーミングPCにこそSSDを追加したい!

激安ゲームパソコンだろうと、ハイエンドゲームPCだろうと絶対に追加して欲しいのがSSDです。ゲーミングPCではグラフィックボードが大切だと書きましたが、それと同じくらいSSDが重要です。

 

SSD搭載PCを一度でも使うと、HDDだけのパソコンには二度と戻れません。それくらい圧倒的に違うのです。電源ボタンを押したら、3秒でWindowsの起動が完了するのを想像してください。

 

ブラウザの起動や動作もいつまでもサクサクです。HDDだとパソコンを買って1年もすると激遅になりますが、SSDだとそんなことはありません。いつまでもサクサク快適なのです。

 

オンラインゲームでもSSDは大活躍します。重いゲームがすぐに起動します。FPSでマップに一番最初に入れます(マップに入ったら、先に試合が始まっていた経験ありませんか?)。MMORPGでのマップ移動が瞬時に完了します。

 

グラフィックボードはオンラインゲームの最適性を決める重要なパーツです。でもSSDはオンラインゲームと普段使いのどちらも快適にしてくれる革命的なパーツです。だからCPUとメモリよりもSSDを優先してください。

 

容量は240GBもあればとりあえずは充分です。120GBだとゲームでいっぱいになってしまうかもしれません。だから240GBか512GBのどちらかを選んでください。ゲーミングPCの選び方はこれで完璧です!